おまとめローン審査のポイントを大公開

初めてのおまとめローン!審査通過のポイントを解説

皆さんはキャッシングやカードローンを利用したことがあるでしょうか。最近では、利用できる業者もたくさんあり、サービスもいろいろと充実していることもあり、利用者非常に増えてきています。

 

ちょっとしたお金のピンチなどに非常に助かりますし、有効活用すれば本当に便利なサービスということが出来るでしょう。よって、キャッシングやカードローンを有効活用している人はたくさんいると思いますが、きちんと返済のことを考えて、計画的に返済していかなければいけません。

 

なかには返済計画を立てずに利用して、返済が難しくなってしまっている人も少なくありませんし、返済計画は立てていたけどなかなか計画どおりになかなか返済することができなくなっている人も少なくないでしょう。

 

返済が難しくなってしまう状態が続いていよいよ返済ができなくなってきたとなると、また違う業者からお金を借りて返済にあてて、その返済が難しくなるとまた違う業者から借りるというように複数の業者から借りてしまっている人もたくさんいると思います。

 

そうなってしまうと、ひたすら返済に追われてどこにあといくら返さなければいけないのかもわからなくなってしまっている人がほとんどとなってしまうでしょう。

 

そのような人はその悪い流れを断ち切るためにも、おまとめローンを検討してみるべきだと思います。しかし、複数の業者の借金をまとめるものだということくらいは知っているけど、借金の額が変わるわけでもないのに何かメリットになるのかわからないという人もいるでしょうし、おまとめローンは気になってはいたけど、難しそうで躊躇しているという人もいるでしょう。

 

しかし、おまとめローンに関する知識をしっかりと得ることによって、メリットの大きさも知ることが出来るでしょうし、まとめることはそんなに難しいことでもないということも知ることができるでしょう。これ以上状況を悪化させないためにも一度おまとめローンについて詳しく知ってみることをおすすめします。


おまとめローンに審査を前に必要な準備

カードローンやキャッシングで多重債務となってしまった場合、おまとめローンを利用しようかと考える人も多いと思いますが、そのまま申し込むのではなく、事前に準備しなければならないことがあります。特に3社以上から借り入れしている人は注意が必要です。

 

おまとめローンに利用するためには審査に通る必要があるのですが、借り入れ件数は多ければ多いほど審査に通りにくくなってしまうものなのです。よって、審査を受ける前に借り入れ件数を減らすことは出来ないか整理してみる必要があるのです。

 

仮に、現在3社から借入しているとして、借入限度額まで余裕がある場合、例えば、そのうちの一つの業者の限度額が30万だったとして、借入額が10万であった場合は、あと20万はその業者から追加で借り入れることが出来ます。

 

そこで、別の業者で借入額が10万以内のところがあれば、その追加融資で完済をしてしまうのです。そうすることで借入している業者を3社から2社に減らすことが出来ます。

 

借り入れ先は3社と2社では審査の通りやすさが全く異なるので、このように借り入れ件数を減らすことがおまとめローンに申し込む前には大切です。

 

この際に気を付けなればならないのが、完済をしたからといって解約をしていないままだと借り入れ件数は減らないということです。解約をしない限りローンの契約はそのままになっているので、借入金額が0円であっても、契約件数は1件としてカウントされてしまうので、完済したらすぐに解約することを忘れないようにしましょう。

消費者金融系の審査は通りやすい分、金利が高め

現在、多重債務で悩んでいて何とかしたいと思っている人もいると思いますが、そのような場合はおまとめローンを検討してみるべきだと思います。

 

しかし、自分はたくさんの業者から借り入れしてしまっているし、審査に通るのは難しいだろうということで諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。

 

たしかに、おまとめローンも審査に通過する必要がありますし、銀行系の場合は金利が低い分、審査も厳しめになりますが、消費者金融であれば比較的に審査も通りやすいので、諦めずに検討してみるべきだと思います。

 

そのかわり、審査が通りやすい分、金利は高めになってしまうので注意が必要です。複数の業者から借り入れしているという人のなかには、低金利で借りることが出来ている業者がある場合もあるでしょう。

 

そういった場合は、その業者を除いて、残りのローンをおまとめローンでまとめるという方法もおすすめです。

 

また、複数の業者の借入額をまとめれば、借入額が多くなってしまうので、返済期間が長くなり、それだけ利息を支払っていくことになることも頭に入れておかなければいけません。それでもローンを一本化することが出来れば、毎月の支払いは一度で済むようになりますし、計画的に返済していくことができるようになると思います。

 

多重債務は放っておけばどんどん状況は悪化していってしまうので、早めに対策をとっていくことが大切だと思うので、出来るだけ早く検討してみることをおすすめします。

銀行系の審査が厳しい理由は金利が安いため

おまとめローンを検討する場合、銀行系や消費者金融のどちらかで申し込むことになると思いますが、多くの人はまずは銀行系に申し込めないか検討することになると思います。

 

その理由は消費者金融よりも金利が低いケースがほとんどであるからです。

 

銀行系のおまとめローンの審査を通過することが出来れば、ローンを一本化して、返済日を一度にまとめることができるだけでなく、金利もこれまでより低くなることによって利息の負担も軽減されることになるので、多くの人が返済へ向けて着実に進んでいけるようになることでしょう。

 

しかし、銀行系のおまとめローンは審査が厳しいため、通過することができるかどうかが問題となってしまいます。銀行系の審査が厳しくなってしまう理由は金利が低いためです。

 

金利が低くなると、業者側は長い期間をかけて回収していくことによって利益を出すことになります。よって、途中で払えなくなってしまって、債務整理されたり、逃げられたりされては、損失になってしまうので、本当に返済能力があるのかということや信頼できる人であるのかをより厳しく審査していくことが必要となるのです。

 

条件は厳しくなってしまいますが、安定した収入があって、借入額は30%未満であればじゅうぶんに審査に通る可能性はあると思います。

 

しかし、これまでに滞納した経験がある人は銀行系の審査に通るのは難しくなってしまうので、滞納してしまう前に早めに対処する必要があります。

おまとめローンの審査が通らない理由を知ろう

多重債務になってしまうと、毎月何度も返済日が訪れてくることになるので、毎日返済に追われている気分になってしまいますし、計画的に返済していくことが非常に難しく、思うように返済出来なくなってしまう人もたくさん出てくると思います。

 

そこで、おまとめローンによってローンを一本化しようと考える人はたくさんいると思います。たしかに、多重債務で状況がどんどん悪化しているという人はとって、状況を打破するためにおまとめローンは非常に良い手段であるということができるでしょう。

 

しかし、おまとめローンを利用するためには、審査を通過しなければならないので、残念ながら審査に通ることが出来ないという人も出てきてしまうものです。

 

おまとめローンも利用出来ないとなると、いよいよ諦めるしかないかと思う人もいるかもしれませんが、審査に落ちる理由を知ることによって、それを改善して審査に通過出来ることもじゅうぶんにあると思うので、まずは審査に通らない理由を考えてみるべきだと思います。

 

最も考えられるのが、借り入れ件数の多さです。おそらく4社以上から借りているという人は審査に通るのはかなり難しいと思います。

 

そこで、一番残りの返済額が少ないところを完済させて、件数を減らすという対策をとってみることをおすすめします。

 

また、どこかのローンで、利息が低目で限度額に余裕があればそこで追加融資を受けて、他のローンを1つでも完済させて借り入れ件数を減らすことによって、審査に通りやすくするという方法もあります。

スコアリング審査とは

現在、複数の業者からローンを利用していて、おまとめローンに申し込もうかと考えている人のなかには、おまとめローンの審査ってどのように行われるのだろうと思っている人もいると思います。

 

おまとめローンの審査はキャッシングやカードローンと同じようにスコアリング審査で行われます。キャッシングやカードローンを利用している人であればご存知の人も多いと思いますが、なかにはスコアリング審査ってどういう審査なのか?という人もいるかもしれませんね。

 

スコアリング審査とは、申し込み時に記入したいろいろな項目に点数がつけられて、その点数によって審査に通るか通らないかが判断されるものです。このように点数化することで審査することによって、審査の時間を大幅に短縮できるという大きなメリットがあります。

 

例えば、雇用形態であれば、正社員であれば点数は高くなりますし、その次に派遣社員や契約社員、そしてパートやアルバイトになると点数は下がってしまいます。

 

また雇用形態の他にも、勤続年数も審査の対象になり、勤続年数が長ければ点数高くなり、3年未満になると点数が低くなってしまいます。また、これまでの返済履歴も得点に大きく影響する項目になります。

 

遅延した記録があると大きく点数が低くなってしまいますし、しっかりと返済した記録があると点数は高くなります。これら以外にも様々な項目に点数がつけられてその合計の点数によって、審査の結果が出されていくのです。